フェブラリーS


馬名
斤量 騎手 Time 着差 通過 上り
体重 厩舎
1 3 5 ゴールドアリュール 牡4 56.0 武豊 1:50.9 --- 03-03-02-02 38.1 1 512 池江泰
2 4 8 ビワシンセイキ 牡5 57.0 横山典 1:51.0 クビ 03-03-02-03 38.3 3 498 松田博
3 4 7 イーグルカフェ 牡6 57.0 デムー 1:51.5 3 08-08-05-04 38.5 4 484 小島太
4 1 2 カネツフルーヴ 牡6 57.0 中舘英 1:51.8 2 01-01-01-01 39.3 14 550 山本正
5 6 12 ハギノハイグレイド 牡7 57.0 池添謙 1:52.3 3 12-11-11-10 38.2 12 520 松田国
6 5 10 ノボトゥルー 牡7 57.0 ペリエ 1:52.4 1/2 05-06-08-06 39.0 5 456 森秀行
7 2 3 プリエミネンス 牝6 55.0 柴田善 1:52.5 3/4 05-06-07-06 39.3 11 492 伊藤圭
8 3 6 マイネルブライアン 牡6 57.0 北村宏 1:52.7 1 05-05-05-04 39.7 7 538 宮徹
9 8 15 リージェントブラフ 牡7 57.0 吉田豊 1:52.8 1/2 15-16-13-12 38.4 10 532 大久保
10 2 4 アッパレアッパレ 牡4 56.0 後藤浩 1:53.1 2 10-10-09-08 39.4 15 490 田中章
11 8 16 アドマイヤドン 牡4 56.0 藤田伸 1:53.5 2.1/2 12-11-12-13 39.3 2 448 松田博
12 7 13 ディーエスサンダー 牡4 56.0 勝浦正 1:53.6 1/2 15-15-13-11 39.2 13 506 藤原辰
13 5 9 スマートボーイ 牡8 57.0 伊藤直 1:54.4 5 02-02-02-08 41.6 8 490 伊藤圭
14 1 1 エイキューガッツ 牡8 57.0 田中勝 1:55.2 5 12-13-13-15 40.9 16 470 大江原
15 6 11 レギュラーメンバー 牡6 57.0 松永幹 1:55.4 1 08-09-10-14 41.5 9 526 山本正
16 7 14 エイシンプレストン 牡6 57.0 福永祐 1:57.1 大差 10-13-16-16 41.9 6 472 北橋修
ラップ 12.3-11.4-12.3-12.3-11.9-12.3-12.4-12.6-13.4
  12.3-23.7-36.0-48.3-60.2-72.5-84.9-97.5-110.9 (36.0-38.4)
単勝 5 310円
複勝 5 150円
  8 240円
  7 280円
枠連 3-4 660円
馬連 5-8 1370円
ワイド 5-8 610円
  5-7 700円
  7-8 1380円







またしてもG1シーズンがやってきた。いままでこのレースはとっていないのでがんばりがいがありそう。
 さて、メンツはおもしろそうな状況にある。そして中山1800ということで昨年のJCDと同じというダートらしいレースになりそう。個人的には京都1800がダートとしては最高なんだが。結論からいいますと。
 ◎ リージェントブラフ
 ○ アドマイヤドン
 ▲ ディーエスサンダー
 △ ハギノハイグレード
 × ノボトゥルー
 リージェントは、JCDの2着とコースの相性は合うでしょう。連軸としては、最適かと思われる。ここから流してみましょう。 
 ドンはやはり実力上位とみます。プレストンなどよりはDの適性も高いのでは。ただ父が早熟なだけに済んでしまっているかもしれない。
 Dサンダーが2連対で重にもつよい。
 ハギノはおおかましが有るかもしれない一頭。また重での成績が3−1−0−1なのはすてき。
 Nトゥルーはペリエがなんとかしてしまうかもしれない。だいたい欧州ではDコースは少ないと思うのだがけっこうペリエはDに強い。
 15〜10、12、13、16