天皇賞・春


馬名
斤量 騎手 Time 着差 通過 上り
体重 厩舎
1 6 11 ヒシミラクル 牡4 58.0 角田晃 3:17.0 --- 11-11-09-07 35.6 7 454 佐山優
2 7 14 サンライズジェガー 牡5 58.0 後藤浩 3:17.1 1/2 14-14-13-12 35.4 8 470 福永甲
3 6 12 ダイタクバートラム 牡5 58.0 武豊 3:17.1 クビ 11-11-12-08 35.6 1 506 橋口弘
4 2 4 ツルマルボーイ 牡5 58.0 横山典 3:17.3 1.1/4 06-06-11-12 35.7 2 460 橋口弘
5 4 7 ダンツフレーム 牡5 58.0 藤田伸 3:17.3 アタマ 10-10-07-05 36.0 9 510 山内研
6 1 1 ファストタテヤマ 牡4 58.0 安田康 3:17.5 1.1/2 16-16-16-15 35.7 4 446 安田伊
7 4 8 トシザブイ 牡7 58.0 幸英明 3:17.6 クビ 16-17-16-17 35.7 17 492 音無秀
8 8 16 タガノマイバッハ 牡4 58.0 安藤勝 3:18.0 2.1/2 02-02-02-01 37.1 6 470 松田博
9 2 3 イングランディーレ 牡4 58.0 小林淳 3:18.1 3/4 06-06-05-03 37.0 5 508 清水美
10 3 5 トーホウシデン 牡6 58.0 田中勝 3:18.3 1.1/4 04-04-07-08 36.9 3 420 田中清
11 8 17 アクティブバイオ 牡6 58.0 福永祐 3:18.5 1 14-14-15-15 36.7 13 494 崎山博
12 5 9 マイネルアンブル 牡4 58.0 蛯名正 3:18.7 1.1/4 09-09-09-08 37.2 10 456 中村均
13 7 13 エリモシャルマン 牡4 58.0 池添謙 3:18.9 1.1/2 04-04-03-03 37.8 11 514 田所清
14 5 10 トップコマンダー 牡6 58.0 四位洋 3:19.0 クビ 13-13-13-12 37.4 15 472 崎山博
15 7 15 マイネルプレーリー 牡4 58.0 村本善 3:19.1 3/4 18-18-18-17 37.1 12 484 五十嵐
16 1 2 アルアラン 牡7 58.0 本田優 3:19.2 1/2 01-01-01-02 38.3 18 484 昆貢
17 3 6 イエローボイス 牡4 58.0 岩田康 3:19.7 3 06-06-05-08 38.4 14 466 浅野洋
18 8 18 シースルオール 牡7 58.0 佐藤哲 3:20.2 3 03-03-03-05 39.0 16 504 石坂正
ラップ 13.0-12.2-11.9-11.9-12.4-12.4-12.2-12.9-12.7-12.2-12.9-12.3-11.9-11.7-12.1-12.3
  13.0-25.2-37.1-49.0-61.4-73.8-86.0-98.9-111.6-123.8-136.7-149.0-160.9-172.6-184.7-197.0 (37.1-36.1)
単勝 11 1610円
複勝 11 400円
  14 390円
  12 120円
枠連 6-7 1370円
馬連 11-14 16490円
ワイド 11-14 4600円
  11-12 930円
  12-14 1040円





中長距離の王者決定戦!といいたい(少なくとも近年は
そうだった)天皇賞 春だが今年はいかんせん小粒。
世代交代の隙間の時期と考えると、今後をしょって立つ候補
決定戦とも位置付けられよう。。。
「だったらダイタクで決まりやん」との声が聞こえてきそう
だが、スローの用意ドン!の競馬ばかりしてきてる馬がG1の
流れでどうかというリスクは拭いきれぬし、なんかエアダブリン
とだぶる・・・押さえまで
こういう時は素直に実績馬にいくのが常套。
G1馬、ヒシミラクルとダンツフレーム。菊花賞2着の
ファストタテヤマとトーホウシデン
それと、2着はあるだろうダイタクも押さえと

結論  1−5−7−11−12  BOX

ちゃんとロングディスタンスを支えられる馬の登場祈ってるぜ!




またもやおわってから、それもどはずれでのご託ですが。
阪神大賞典でのツルマルボーイの末足がわすれられない。この馬が本線。イングランディーレの前のこりはいまの京都の芝では十分あるはず。トーホウシデンのできは十分とはいえないがそこ力を信じて押さえたい。上記3点BOXで勝負。

はいはいどはずれです。