天皇賞・春





今日の青葉賞で4着を確認し今年のPOGも終わった感、、、
来年の準備でもはじめるとするか。

久々に明け4歳世代がそろった今年の天皇賞、
かえすがえすヒシミラクルがいないのが残念だ。
本命は自在脚で血統もOKのリンカーン。菊花賞以降の
成績は見事!阪神大賞典の勝ち方も文句なし。
ネオユニバースは中距離馬っぽい
印象をうけるため、軽視ー
腐っても菊花賞馬ザッツザプレンティはダービーよりの
付き合い。前走負けは気に入らないが、ここでキルクールは
いやなので。。。
怖い怖い関東馬、ロブロイをおさえで。

結論 1−14 14−16




POGなんてもう先週で終わってる。
さあ春天だが、格式と血統が大切。
菊花賞の上位と阪神大賞典は必要。
そんなわけで、ザッツザプレンティとリンカーンが堅い。
1点馬単でOKですね。
ネオユニヴァースは中距離はOKだが長距離はどうでしょう?Sharpen Upが母系にあり長距離もこなせるだろうが、エタン系はスピードがあればSTなしでこの馬も現在までをみるにその通りでしょう。その点、ザッツはMr. Prospectorの長距離担当のMiswakiが母系にあり、底力も豊富で、菊ではその実力が生かされた。父のダンスインザダークはSSの中でもSPありは当たり前で豊富なSTを伝える最高のSS後継種牡馬で申しぶんなし。問題は長距離経験が少ない安藤騎手が不安材料。
リンカーンは鞍上は武豊で申し分なし。(最近惨敗が目立つが・・・)母母バレークイーンはヨーロッパの至宝Sadler's WellsでSTはオペラオウやサージュウエルズをみれば分かる。母父トニービンは中距離(ジャンポケの天皇賞2着が最高)が適正でややザッツに足らない所でしょう。
ゼンノロブロイは母マイニングでは2000が限界。
シルクフェイマスも人気が先行しているが、マーベラスサンデー×Caerleon×Robertoで天皇賞はないでしょう。Mサンデーではいくら上がり馬といっても格下はみえみえ!まっ人気してください。
ウインジェネラーレも穴人気はあろうが3着もないでしょう。タマモクロスはSTあるだろうが底力はなし。
ファストタテヤマのほうが怖い父ダンスインザダークで菊花賞2着の実績あり警戒が必要。
その他は参加賞だけ。
馬単1−14 1−10 でOKでしょう。
どれどれ杉本さんは・・・・あっ、一緒だ・・はずしたか!?