菊花賞




馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 通過 上り 単勝
馬体重
1 8 18 デルタブルース 牡3 57 岩田康誠 3:05.7 5-5-4-2 35.7 45.1 8 526(+10)
2 3 5 ホオキパウェーブ 牡3 57 横山典弘 3:05.9 1.1/4 16-15-14-10 35.1 8.3 4 478(+2)
3 1 1 オペラシチー 牡3 57 佐藤哲三 3:06.0 1/2 12-12-11-4 35.5 11.9 6 500(-8)
4 7 15 コスモバルク 牡3 57 五十嵐冬 3:06.0 ハナ 1-1-1-1 36.1 3.8 2 486(0)
5 6 11 ストラタジェム 牡3 57 福永祐一 3:06.1 1/2 7-7-8-16 35.5 117.5 16 440(0)
6 2 4 スズカマンボ 牡3 57 安藤勝己 3:06.1 アタマ 14-14-14-8 35.4 9.7 5 486(+10)
7 5 10 ハーツクライ 牡3 57 武豊 3:06.2 クビ 15-15-14-10 35.3 2.7 1 492(+6)
8 2 3 グレイトジャーニー 牡3 57 小牧太 3:06.2 クビ 13-12-12-4 35.6 83.4 12 460(-2)
9 1 2 カンパニー 牡3 57 柴原央明 3:06.3 クビ 17-17-17-10 35.4 70.4 11 452(-4)
10 8 17 モエレエルコンドル 牡3 57 田中剛 3:06.5 1.1/4 2-3-2-3 36.4 98.4 13 534(-4)
11 7 14 ハイアーゲーム 牡3 57 蛯名正義 3:06.9 2.1/2 10-10-8-10 36.4 6.5 3 496(-4)
12 8 16 ブラックコンドル 牡3 57 赤木高太 3:07.6 4 6-6-5-4 37.3 101.1 14 458(+8)
13 6 12 ブルートルネード 牡3 57 池添謙一 3:07.7 クビ 4-4-5-15 37.3 166.9 18 518(+10)
14 4 7 エーピースピリット 牡3 57 吉田豊 3:07.9 1.1/2 10-10-12-18 37.0 113.8 15 482(0)
15 3 6 シルクディレクター 牡3 57 熊沢重文 3:08.6 4 17-17-17-16 37.5 61.3 10 438(-10)
16 4 8 ケイアイガード 牡3 57 松永幹夫 3:08.6 クビ 9-9-8-4 38.3 22.6 7 496(+2)
17 5 9 トゥルーリーズン 牡3 57 四位洋文 3:08.8 1.1/4 7-8-5-8 38.5 49.3 9 472(-8)
18 7 13 コスモステージ 牡3 57 小池隆生 3:11.6 2-2-2-10 41.4 122.4 17 512(+2)
ラップ
12.8-11.9-11.3-12.4-12-11.9-13.3-12.8-12.8-12.9-13.5-12.3-11.8-11.7-12.3
12.8-24.7-36.0-48.4-60.4-72.3-85.6-98.4-111.2-124.1-137.6-149.9-161.7-173.4-185.7 (36.0-35.8M)
展開
1角 : 15(17,13)-12,18-16-(11,9)8(7,14)1,3-4,10,5(6,2)
2角 : 15,13,17-12-18-16-11,9,8(7,14)(3,1)-4(5,10)(6,2)
3角 : 15(17,13)18(12,16,9)(11,14,8)1(7,3)(5,4,10)(6,2)
4角 : (*15,18)17(16,8,1,3)(9,4)(13,14,5,2,10)12(11,6)7

単勝 18 4,510 8
複勝 18
5
1
1,010
240
410
8
4
6
枠連 3-8 4,180 17
馬連 5-18 11,280 25
ワイド 5-18
1-18
1-5
2,670
3,220
1,170
24
30
13
馬単 18-5 36,510 70
3連複 1-5-18 22,360 56
3連単 18-5-1 128,570 306




ですな、、、私の予想は昨日メールにて送っているが、
書き込まれていない為、記する。

出先のため、メールにて送信する。
菊花賞はいつも言うとおり本当に強い馬(強さが持続
する)が勝つレース。
よって条件付きに強いコスモバルク、ハイアーゲーム、
オペラシチーなどは危険。
ここはダービー2着馬を信頼してハーツクライ軸。
あとはいかにも奥手デルタブルース、長丁場が合いそうな
ブラックコンドル、トゥルーリーズンへ。

結論 9−10、10−16、10−18



秋華賞はやっちゃいました。結構連チャンしますので、この馬要らないには注目が必要かも!

しかし、菊花賞は血統中心でみれば余裕でGETできるでしょう。データ血統中心の馬券予想はお手の物ですのでまー簡単にGETして見せましょう。
サドラーズウエルズの血で人気がしすぎているホオキパウェーブですが(ダイスポだけか?)母父のMPで減点が必要。母のプラチナからは中距離ダートぐらいしか出ていません。ここでは、格の違いで不要でしょう。ついでに、オペラハウスの血統のオペラシチーですが、母の産駒は短距離ダート馬ですので不要。母父ブレーベストロマンも長いのには不向き。
単に父だけ見ているようでは、とれません。短絡的に考えないようにして欲しいですね。
カンパニーを選ぶ方がまし。ちょいと格下なのでここでは要りませんがね。
中途半端なスズカマンボですがキングマンボは2000までが限界でしょう。
シルクディレクターもマヤノとモガミとなかなか良さそうですが、STはあってもSPが無ければ不要。
ううん一個一個みてもしゃーない。結論からいいますと、ハーツクライですね。サンデーのオンパレードとなる菊花賞ですがこの馬の血統・実績申し分なし。
ストラタジェムのような血統こそねらい目なのにあまり誰も気付いていませんね。おいしいですよ!
コスモバルクは結構血統の融通のききそうな感じがみられます。そして、ハイアーゲームをおさえてOKですね。
ホオキパウェーブ は要りません!!!

結論:10−11、14、15