オークス




馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 通過 上り 単勝
馬体重
1 7 13 ダイワエルシエーロ 牝3 55 福永祐一 2:27.2 2-2-1-1 35.0 21.4 6 430(0)
2 1 1 スイープトウショウ 牝3 55 池添謙一 2:27.3 3/4 9-12-11-10 34.2 13.8 4 446(-2)
3 3 6 ヤマニンアラバスタ 牝3 55 江田照男 2:27.8 3 17-15-14-14 34.5 23.0 7 430(+2)
4 3 5 ダンスインザムード 牝3 55 武豊 2:27.8 ハナ 7-6-6-6 35.0 1.4 1 478(+14)
5 4 7 ヤマニンシュクル 牝3 55 四位洋文 2:28.1 1.3/4 12-12-11-13 34.9 9.3 2 466(-6)
6 7 14 マルカフローリアン 牝3 55 吉田豊 2:28.1 ハナ 14-15-14-14 34.8 180.2 17 466(-8)
7 6 12 ウイングレット 牝3 55 田中勝春 2:28.4 1.3/4 1-1-2-2 36.0 41.5 12 460(-4)
8 4 8 アズマサンダース 牝3 55 蛯名正義 2:28.4 クビ 3-3-3-4 35.7 13.4 3 462(-10)
9 2 4 ドルチェリモーネ 牝3 55 安藤勝己 2:28.6 1 17-18-18-18 34.9 39.2 10 450(+4)
10 8 17 レディインブラック 牝3 55 北村宏司 2:28.8 1.1/2 14-14-11-10 35.7 39.6 11 436(+6)
11 7 15 レイナシンフォニー 牝3 55 石橋守 2:28.9 クビ 9-9-6-6 36.0 146.3 14 474(0)
12 5 9 ギミーシェルター 牝3 55 柴田善臣 2:29.0 3/4 4-3-3-3 36.5 26.5 8 444(-2)
13 6 11 メイショウオスカル 牝3 55 後藤浩輝 2:29.1 3/4 4-5-5-4 36.4 35.4 9 470(-10)
14 8 16 グローリアスデイズ 牝3 55 岡部幸雄 2:29.2 クビ 9-10-9-10 36.2 17.9 5 458(-4)
15 2 3 ラグレスロマニー 牝3 55 小野次郎 2:29.2 クビ 4-6-10-6 36.3 153.9 15 472(-8)
16 1 2 セカンドノホシ 牝3 55 梶晃啓 2:29.3 クビ 12-10-14-14 35.9 100.5 13 466(+6)
17 5 10 フレンチアイディア 牝3 55 勝浦正樹 2:29.7 2.1/2 7-6-6-6 36.9 165.6 16 474(-14)
18 8 18 シルキーフレンド 牝3 55 菊沢隆徳 2:29.9 1.1/4 16-17-17-17 36.4 197.7 18 416(0)
ラップ
12.6-11.4-12.6-13.1-12.3-12.7-12.9-12.5-12.1-11.2-11.4-12.4
12.6-24.0-36.6-49.7-62.0-74.7-87.6-100.1-112.2-123.4-134.8-147.2 (36.6-35.0M)
展開
1角 : 12,13,8(3,9,11)(5,10)(1,15,16)(2,7)(14,17)-18(4,6)
2角 : (13,*12)-(8,9)11(3,5,10)15(2,16)(1,7)17(14,6)18,4
3角 : 13,12(8,9)11(5,15,10)16,3(1,7,17)(14,2,6)18-4
4角 : 13,12,9(8,11)(3,5,15,10)(1,16,17)7(14,2,6)18,4
単勝 13 2,140 6
複勝 13
1
6
550
400
510
7
4
6
枠連 1-7 6,700 20
馬連 1-13 10,080 23
ワイド 1-13
6-13
1-6
2,700
3,140
3,240
31
34
35
馬単 13-1 30,430 64
3連複 1-6-13 63,460 128





1.3倍ですか、、、
桜花賞をみても、ダンスインザムードが抜けた馬であることは
間違いないんだろうが、オークスでここまで1本かぶりになると
ちょこっと不安がよぎる。
スピードが勝っているせいかいつも2,3番手からの競馬で
2000超のレースだと掛かる可能性大
てな訳で対抗レベル
逆転を狙うとすれば、直線一気の末をもつ馬か、距離伸びて
ばてない血統or脚質の馬
前者でダイワエルシエーロ、レディインブラック
後者ではヤマニンアラバスタ、ギミーシェルター

思い切って5を消して・・・・・4頭BOX勝負!!!

結論  6−9−13−17 BOX


ダンスインザムードは血統的にはもちろん、ワンペースな走りからも、距離延長は大歓迎・・・中間がいかにも藤沢流極軽調教で不安だが。府中の長い直線で斬れ負けの懸念もある。ただ、ダンス強さを見てしまうと、本命印しか打てないだろう。
 ヤマニンシュクルはトウカイテイオー×Nijinsky、祖母ティファニーラスがケンタッキーオークス馬という血統、伸びやかな走りから府中のだだっ広い馬場でこそと思っていた馬。勝負はできる。
 ヤマニンアラバスタはジャパンC馬ゴールデンフェザント産駒。母ヤマニンリコールは道悪の函館記念で2着、中京記念&ダイヤモンドSで4着、大原Sではカネツクロスの2着、味わい深い活躍。この手の斬れ者が激走するオークスだけに、大番狂わせを期待。
 アズマサンダースは好走が全て上手く立ち回ってのものだけに、レース内容からの上積みは見込めないものの、奥深さ満点の母系で好位で折り合える脚質からも、この距離で大崩れは考えられない。
 スイープトウショウは父エンドスウィープより、ダンブレ×サマンサの母系のゴーカイさが出た馬だけに、インピッタリを回って末脚に徹すれば、二四でも斬れるかも。
 ギミーシェルターは桜花賞組以外で、唯一押さえたい馬。祖母がオークス馬シャダイアイバー、全兄がステイヤーズS&青葉賞勝ち馬ペインテドブラックだけに、前走のように溜めが利けば、この距離でも楽しみ。
 以上、ダンスから馬連で。
結論 5ー1,6,7、8、9