99年04月18日 更新

   皐月賞

馬名
斤量 騎手 Time 着差 通過 上り
体重 厩舎
1 6 12 テイエムオペラオー 牡4 57.0 和田竜 2:0.7 --- 14-14-11-08 35.2 5 464 岩元市
2 6 11 オースミブライト 牡4 57.0 蛯名正 2:0.7 クビ 10-08-09-04 35.4 6 436 中尾正
3 4 8 ナリタトップロード 牡4 57.0 渡辺薫 2:0.7 ハナ 08-10-11-08 35.2 2 480 沖芳夫
4 8 16 マイネルタンゴ 牡4 57.0 柴田善 2:0.9 1 04-03-03-03 36.1 14 450 大江原
5 3 5 マイネルシアター 牡4 57.0 江田照 2:1.2 2 03-03-04-02 36.3 11 448 柴崎勇
6 1 2 アドマイヤベガ 牡4 57.0 武豊 2:1.3 クビ 12-12-11-08 35.9 1 444 橋田満
7 7 15 シルクガーディアン 牡4 57.0 横山典 2:1.3 アタマ 07-05-05-04 36.2 8 492 矢野進
7 8 17 タイクラッシャー 牡4 57.0 松永幹 2:1.3 同着 12-12-07-04 36.1 12 474 五十嵐
9 8 18 マイネルプラチナム 牡4 57.0 木幡初 2:1.4 1/2 10-08-05-04 36.3 3 434 矢野進
10 4 7 ヤマニンアクロ 牡4 57.0 勝浦正 2:1.5 1/2 04-05-09-14 36.2 10 528 萩原清
11 2 4 タイキヘラクレス 牡4 57.0 田中勝 2:1.5 アタマ 16-16-14-14 35.8 16 512 蛯名信
12 5 10 ニシノセイリュウ 牡4 57.0 河内洋 2:1.8 1.3/4 14-14-17-17 35.9 4 432 松田正
13 7 13 ドラゴンブライアン 牡4 57.0 菊沢隆 2:1.9 3/4 17-16-14-16 36.2 9 454 中尾謙
14 3 6 トウカイダンディー 牡4 57.0 後藤浩 2:2.0 クビ 02-02-02-01 37.3 7 454 後藤由
15 5 9 タガノブライアン 牡4 57.0 藤田伸 2:2.1 3/4 08-10-14-12 36.4 15 462 松田博
16 7 14 カシマアルデル 牡4 57.0 的場均 2:2.1 ハナ 06-05-07-12 37.0 13 418 飯塚好
17 2 3 アドマイヤラック 牡4 57.0 岡部幸 2:5.8 大差 01-01-01-08 41.1 17 496 作田誠
除外 1 1 ワンダーファング 牡4 57.0 幸英明 --- --- --- --- 0 468 領家政
単勝 12 1110円
複勝 12 310円
  11 360円
  8 150円
枠連 6-6 7160円
馬連 11-12 6730円

主席予想者  原   痛恨の趣旨替え、今度は今までの反省が生かされるのか?

  なんかなあ・・・本命、切る馬をいつもあげると両方きてしまうパターンがおおい。今度から両方買おうかなあ・・・今年も弥生賞組のレベルが高い。ただし、毎日杯とスプリングSの勝ち馬は狙えそうかも。からみがほとんどないもんね。
 
人気予想はアドマイヤ、ナリタ、プラチナム、ニシノ、テイエムの順一般スポーツ紙のつまらん記者連中のかいてるのをみると、間違いなかろう。二強並び立たずというように、ナリターベガはなさそう。2月くらいにニシノはええなあと思ってたが、これじゃあ、例年のダービーの「関西の秘密兵器」的。こない典型だしなあ。桜花賞ふまえて渡辺か?原理論での、たんぱ杯組のベガか

結論: 2-18 1-2 2-10 2-12 1-18 1-10  はずれ

 今年の4歳牡馬は実力ほぼ横一線なのかも・・・皐月賞みての感想ですね。豊の乗り方はあれでよかったんだろう。馬場のいい外目をとおりややうしろの位置馬さえ万全ならつきぬけてたんだろう。ナリタ、オペラオーとほぼ同じ位置にいたんだから・・・ナリタは三分三厘での反応が鈍かった。なぜなら外にだしたがって無駄に道中追いすぎ。オペラオーは大外にもちだしての差しきりだから実力は認めねばオースミは前につけてたところたまたま内がポッカリあいた。それだけ。完調のベガ、実力のオペラオー、府中でのナリタこの3頭が楽しみだね。
天皇賞は人気でも、スペシャル−セイウンの一点でいいんでは。

晴 紀   また、今年も春だけなのか・・皐月2年連続HITをねらう。 

 何か戦国乱世の皐月賞ですね。なんか、一昨年のサニーブライアンのときのようです。つまり、人気が薄くて多少の実績のある逃げ馬。(去年もセイウンが逃げてます)かな?・・たしかこのときは枠連で当てたと思う。確かサニーブライアンと同じ枠に・・なんかいたな?まっ、そのときの予想法は切っていって残った馬で買ったはず。同じ方法で考えてみよう。
    馬 名        いいところ
1 ワンダーファング 逃げ 実績   フォティテンに皐月は似合わない。×
2 アドマイヤーベガ 実績 騎手 血統 距離 末足 申し分なし。 ただ、1人気では・・
3 アドマイヤーラック 騎手 のみ。×
4 タイキヘラクレス 何もない。 ×
5 マイネルシアター 距離 ×
6 トウカイダンディー 距離 タイム ×
7 ヤマニンアクロ 実績 逃げ 血統(ヤエノムテキが皐月賞)  
8 ナリタトップロード 実績 距離 末足 タイム 申し分なし。 但し、 杉本の推奨馬!
9 タガノブライアン 実績 血統 
10 ニシノセイリュウ 距離 血統       
11 オースミブライト 距離 タイム 前走が5着までなら軸にしたかったけど、底が見えました。×
12 ティエムオペラオー 実績 距離 
13 ドラゴンブライアン 血統 
14 カシマアルデル 何もない。×
15 シルクガーディアン 何もない。×
16 マイネルタンゴ オカルト(団子三兄弟:マイネル3兄弟) ×
17 タイクラッシャー 実績 ×
18 マイネルプラチナム 実績 距離  
そんなわけで、一昨年にあやかって、枠で買っちゃうことにします。注目点は、「ブライアンズタイム3兄弟」とオペラハウス・ヤマニンスキーです。

結論: 枠連 4-5-6 のBOX  はずれ

sukesan   今年は桜花賞GETから勢いつくのでしょうか。新予想屋の登場です。

  今週から時間のある週に限って、私なりの勝ち馬投票券の絞り込み方を慣れない文書にまとめていくことになりました「すけさん」でございます。以後泣いても笑っても何卒よろしくお願い申し上げます。メッさ固いですが、しばらくはこんなスタイルでいかせて(イヤンッ)頂きたいと思います。

以下、今回のレースにおいて比重の高いと思われる項目順に極力客観的に勝ち馬の絞り込みに没頭してみたいと考えております。

1.体調面から推せる馬たち

週刊誌2紙,日刊紙3紙から総合した臨戦過程と調教過程及び馬体の張り,毛艶,精神状態などの面から次の通り推奨順に列挙する。

(1) ナリタトップロード

(2) アドマイヤベガ

(3) マイネルプラチナム

(4) ヤマニンアクロ

(5) トウカイダンディ

尚、参考資料が不足気味であったため、上記以外にもマークを要する馬たちがいないわけではない。例えば、オースミブライトなどは前走後に疲れが出たらしいが、他の理由からまだ見限れないかもしれない。

また、ローテーション的にはとても賛成できない馬たちの中にも、シルクガーディアン,ワンダーファング,テイエムオペラオーなどかなりタフなものもいるようである。いずれにしてもこの項目が最重要ポイントとなるのは言うまでもない。したがって、最終的な馬券の絞り込みは、本追い切り,前日気配(予想としては許されないパドックも・・・)を待って慎重に行いたい。

 

2.展開・馬場面から推せる馬たち

例年、皐月賞の時期は開催終盤・天候不順などで荒れ馬場となることが多いが、特に昨年までの中山開催後半は、仮柵をはずした最内Aコース使用であった。これによって泣かされた人気の差し馬は枚挙にいとまがない。その点では、今年からは逆パターンとなる外寄りBコース使用となっており、差し・追い込み馬が極端に不利を被るという心配はないようである。しかし、コース形態が変わるわけではなく、依然として3〜4コーナーで紛れる可能性をはらんでいることを忘れてはならないし、力のある先行馬には特に注目する必要がある。

今回は先行馬が2頭いるが、どちらも昨年(セイウンスカイ)ほどの力のある馬とはいい難いようである。ヤマニンとワンダーであるが、前者は2ヶ月休養明け,後者は使われづめ・・・どちらも強気に推せるわけではないが、項目1の内容から前者がペースを握るものと推察する。しかし、お互いにレースを壊すまでのハイペースになるとは考えにくく、良馬場でも2分02秒は切ることはないであろう。なにしろ力のいる馬場であるのは間違いなく、軽い馬場でしか好走していない馬はこの際軽視するのも1つの方法である。

以上のことをふまえて、次の通り推奨順に列挙する。(右は、完全な道悪になった場合の推奨馬)

(1)ナリタトップロード    (1) マイネルプラチナム

(2)アドマイヤベガ (2) シルクガーディアン

(3)マイネルプラチナム   (3) ワンダーファング

(4)ヤマニンアクロ (4) アドマイヤベガ

(5)トウカイダンディ    (5) ナリタトップロード

 

3.出走環境面から推せる馬たち

4歳牡馬GTに管理馬を出走させるにあたって、その経験やノウハウが十分培われている厩舎であるか(個人的にはあまり細かくこだわらない)、また鞍上には不安がないか(おおいにこだわる)などを総合的に分析し、新たな狙い馬も含めて角度を変えた検証にうつる。

この項目に限っての推奨馬は、次の通りである。

(1)シルクガーディアン (横山典:矢野進~ステージチャンプ~)

(2)アドマイヤベガ (武豊:橋田~ロイヤルスズカ~)

(3)マイネルプラチナム (木幡:矢野進)

(4)オースミブライト (蛯名:中尾正~イブキマイカグラ~)

(注)カシマアルデル (的場:飯塚~ライスシャワー~)

(注)モンテカルロ(抽選) (田中勝:松山~wサークル,ジェニュイン~)

(穴)マイネルシアター (江田照:柴崎)

以上のように列挙したが、この項目で初めて洩れたトップロードではあるが、騎手渡辺は初めての大舞台を前にプレッシャーを楽しんでいるようすが様々な紙面を通じて伝わってくることと、この馬に限っては何もせずにただつかまっておりさえすれば問題ないように思えるので、切り捨ての材料にまではならないと判断する。また、プラチナム(かなり難しい気性らしい)の木幡を推す理由は、調教師が勝たせたいと思っている馬の“癖を知り抜いてくれているのは1人だけ”と言い、上下の信頼関係が伝わってきたからである。上記以外にも注意を要する厩舎(中尾謙,松田博,大久保洋など)や騎手(岡部,柴田善,河内)もあるが、他の条件から今回は軽視する。

 

4.実績面(多頭数の関連レース経験,走破タイム,スタミナ及び瞬発力)から推せる馬たち

この項目に関する検証内容及び重要視したチェックポイントについて該当する場合は、経験則から導き出した能力発揮指数を出走各馬の基本能力値に乗じて20〜60までの数値に表すことにしている。(学生時代に表計算マクロを用いてかなりのデータを蓄えてはいたが、今は昔となってしまい利用不可能・・・今後の大きな課題である。)といったわけで、しばらくは手計算でできるところまで努力することになるが、夏期休暇中には何とか始動できる体勢を整えたい。今回はこの項目についても推奨順に列挙するにとどめる。

(1)ナリタトップロード

(2)アドマイヤベガ

(3)マイネルプラチナム

(4)オースミブライト

(5)ヤマニンアクロ

いつも思うことではあるが、タイム順やレイティング順に決まれば競馬でなくなってしまうのである(ときにハマることもあるようだが・・・)。したがって、先に述べているように、この項目は勝ち馬を模索する材料のほんの一部にしかとらえていない。特に皐月賞においては、検証内容の30〜40%程度に見込んでおけば十分すぎるくらいである。

 

5.血統面から推せる馬たち

血統と一言で言うにはあまりにも捉えづらい、はまってしまうと2度と出てこれなくなりそうな項目ではあるが、あまりさっちょこばらずに狙いのレースの特性に必要な要素を出走各馬が持ちあわせているかどうか、その可能性が高いか低いかを自分なりに様々な資料から選んでいけばよいと考える。詳細については、これも別な機会に・・・。また、皐月賞勝ち馬の検証内容に対するこの項目の占める割合もそうそう高くなく、父系,母系から底力を十分に受け継いでいる可能性を見いだせるもの、かつ、紛れる展開・その他悪条件に耐えうる可能性の見いだせるものにさえ注意しておけば問題ないと考える。

以下、皐月賞向きであると判断した馬を順に挙げてみる。

(1)マイネルプラチナム

(2)ナリタトップロード

(3)ニシノセイリュウ

(4)アドマイヤベガ

(5)トウカイダンディ

 

6.総括

1〜5の項目中、第1候補に挙げた馬には各5点,第2候補には各3点,第3〜5候補には各2点,その他注意すべき項目にあてはまる馬にも各2点を与えてみる。いささか単純ではあるが、狙いを明確にしておきたいのでご理解いただきたい。( )内は若干比重調整後の値,[ ]内は道悪想定値,いずれも25点満点で表記し、2点未満の馬は省略してある。

(1)ナリタトップロード 20 (17.4) [14.4]

(2)アドマイヤベガ 14 (11.6) [10.6]

(3)マイネルプラチナム 13 ( 9.2) [12.2]

(4)シルクガーディアン 7 ( 5.0) [ 8.0]

(5)ヤマニンアクロ 6 ( 6.0) [ 6.0]

(6)トウカイダンディ 6 ( 4.8) [ 3.8]

(7)オースミブライト 6 ( 5.2) [ 5.2]

(8)ワンダーファング 2 ( 2.0) [ 4.0]

 

一応現段階での検討結果であるが、あくまで仮の形である。最終結論は枠順発表後となる。以後、検討の時間があるか一抹の不安もあるが、精一杯没頭していきたい。

以上、            「すけさん」より熱をこめて・・・ 99/04/15

  いよいよ牡馬3冠の第一関門、当日朝になっちゃいました。何とかギリギリ天気はもつという予報ですが・・・、きのう地震があったことも何かの暗示?

<最終結論>

Gナリタトップロード   ◎

Qマイネルプラチナム ○

Aアドマイヤベガ ▲

Jオースミブライト △

Nシルクガーディアン ×

神ちゃま「慶次郎」とはまたもや重なっちまった・・・

ここはオトコをみせるために敢えて1点入魂!!

G−Q で 勝負じゃぁ〜!!  はずれ

降雨がはやまり下がぬかるんだ場合 → @−Q,N−Q,O−Q,P−Q

を加え、万全を期す。

よっさん  最近HPを見てる人に、「よっさんとはらはずしてたらいいよね。」といわれた。前、いつ当てたっけ?

  結論: 1-8 2-8 8-18  はずれ

のりちゃん  本命党です。基本的にでも、昨年は一番当ててたかも。

  結論: 1-8-18  はずれ

な り  当たるとも思えないようなきつい馬券を何十点もかう。めちゃ穴党。なんかさいきん大きいのをとったが・・

結論: 枠連 3-4 2-2 3-8 馬連 2-13   はずれ